<動作調整>

本機の動作調整に関する設定を行います。
一括インポートの項目(A、B、Cおよび×)については、「一括インポート」についてを参照してください。
項目にアスタリスク(*)が付いているとき
オプションが装着されている場合にのみ表示されます。

<中とじ針頭出し> *

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
中とじユニットに用紙を送って数回ホチキスし、ホチキス針の頭出しを行います。針づまりの処理や針交換のあと、ホチキスされない場合に行います。
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<中とじ針頭出し>
<開始>
×
×
×
-
頭出しを行うときは、製本トレイに排紙されている用紙を取り除いてください。
頭出しを行うときは、必ず普通紙をセットしてください。
頭出しに必要な用紙は、自動的に給紙されます。
使用できる用紙サイズは、305 x 457mm、A3、B4、A4R、11" x 17"、LGL、LTRRまたはそれに相当するユーザー設定サイズです。(OHPフィルムを登録している用紙カセットは、使用不可にしてください。)

<中とじ位置変更> *

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
中とじしたホチキス位置と用紙の中心にわずかな違いが生じた場合、この誤差を減らすために微調整ができます。紙を折る位置とホチキス位置を同時に調整します。中とじ位置を調整する
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<中とじ位置変更>
-2.00mm ~ 0.00mm ~ +2.00mm (0.25mm間隔)
×
×
×
-

<中とじ折り位置の調整> *

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
中とじしたときの折り位置と用紙の中心にわずかな違いが生じた場合、この誤差を減らすために微調整できます。ホチキス位置は変更せずに、用紙を折る位置のみ調整します。中とじの折り位置を調整する
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<中とじ折り位置の調整>
-2.00mm ~ 0.00mm ~ +2.00mm (0.25mm間隔)
×
×
×
-

<フィニッシャーのパンチャーの動作切替> *

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
パンチャーの速度を優先するか、精度を優先するか設定できます。
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<フィニッシャーのパンチャーの動作切替>
<速度優先>、<精度優先
×
×
B
設定/登録の基本情報

<折り位置の調整> *

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
折り位置の調整を行います。用紙の折り位置を調整する
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<折り位置の調整>
-2.00mm ~ 0.00mm ~ +2.00mm (0.25mm間隔)
×
×
×
-

<ホチキスモード時のホチキス実行時間> *

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
マニュアルステイプルを使用するときに、用紙をセットしてからホチキスが実行されるまでの時間を設定することができます。
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<ホチキスモード時のホチキス実行時間>
1秒 ~ 3秒 ~ 5秒
×
×
C
設定/登録の基本情報

<スタートキーのタッチ判定時間>

(設定/登録) <調整/メンテナンス>  <動作調整>
スタート処理を開始するのに必要なタッチ時間を調整します。
設定/登録項目
設定項目
DeviceAdmin
NetworkAdmin
リモートUIによる設定
機器情報配信
一括インポート
リモートUIでのエクスポート項目名
<スタートキーのタッチ判定時間>
-1 ~ 0 ~ +7
×
×
×
×
C
設定/登録の基本情報
834R-0FX