システムデータ通信の設定をする

副回線を使って、DNSの名前解決やプロキシーを介したデータ通信を行う場合に本設定を行います。設定にはAdministratorまたはNetworkAdminの権限が必要です。
副回線のDNSサーバーアドレス設定とプロキシー設定は、特定のシステムデータ通信にのみ利用可能です。通常のインターネット接続では使用できません。システムデータ通信以外の用途で副回線にDNSやプロキシーを使用する場合は、主回線の設定に副回線で使用するアドレスやポート番号を登録してください。

副回線のDNSの設定

1
(設定/登録)を押す
2
<環境設定>  <ネットワーク>  <副回線設定>  <システムデータ通信用設定>  <DNSサーバーアドレス設定>を押す
3
必要な設定をする
お使いの環境に合わせて、DNSサーバーのIPアドレスを入力します。
4
<OK>を押す
5
(設定/登録) <はい>を押す

副回線のプロキシー設定

1
(設定/登録)を押す
2
<環境設定>  <ネットワーク>  <副回線設定>  <システムデータ通信用設定>  <プロキシー設定>を押す
3
<プロキシーを使用>で<ON>を押し、必要な設定をしたあと、<OK>を押す
<サーバーアドレス>
使用プロキシーサーバーのアドレスを入力します。お使いの環境に応じてIPアドレスやホスト名などを設定してください。
<ポート番号>
プロキシーサーバーのポート番号を入力します。
<認証設定>
プロキシーサーバーの認証機能を使用するときに押して認証情報を設定します。表示される画面で<ON>を押し、プロキシー認証で使用するユーザー名とパスワードを入力したあと、<OK>を押します。
4
(設定/登録) <はい>を押す
834R-04X