二次転写電圧に関する変更

  
登録したユーザー設定用紙について、標準紙に出力した場合と比較して、画像が薄くなったり、乱れたりすることがあります。その場合に、出力したチャートをスキャンして、二次転写電圧(トナー像を用紙に転写する際の電圧)を変更することができるようになりました。
<二次転写電圧の調整>を調整すると、<画像位置調整>の設定に影響を与える可能性があります。必要に応じて<画像位置調整>を再調整してください。

チャートを設定/出力する

二次転写電圧を調整する場合、まずチャートの用紙をプリントします。
1
(設定/登録)を押す
2
<環境設定>  <用紙設定>  <用紙種類の管理設定>を押す
3
登録したユーザー設定用紙を選ぶ
4
<詳細/編集>を押す
5
<二次転写電圧の調整>の<変更>を押す
6
二次転写電圧の調整方法を選ぶ
出力したチャートを目視し、最適なパッチを判断して手動で調整する場合は<スキャナーを使用しない>を押します。
出力したチャートをスキャナーで読み取り、最適なパッチを自動的に判断して調整する場合は<スキャナーを使用する>を押します。
<スキャナーを使用する>を選択した場合、チャートに使用できる用紙サイズは、A3、A4、11" x 17"、LTRサイズです。
7
<チャートプリント設定>を押す
8
出力するチャートの設定をし、<次へ>を押す
<プリントするチャートの種類>
微調整を行うときは<微調>を、大幅に調整が必要なときは<粗調>を選択します。
<微調>を選択した場合は、調整値が±1刻みのチャートが出力されます。
<粗調>を選択した場合は、調整値が本機の状態に応じた刻み幅のチャートが出力されます。
<プリント面>
二次転写電圧を調整する面を選択します。
 
以下のいずれかの場合は<オモテ面のみ>を選択します。
ユーザー設定用紙の<両面2面目>を<ON>に設定している場合
手差しトレイに用紙をセットし、<用紙種類>から<両面2面目>を設定している場合
 
<両面>を選択した場合、チャートに使用できる用紙は、「ユーザーズガイド」の「はじめに(本機について)」「機器仕様」「用紙について」を参照してください。
9
ユーザー設定用紙をセットしている給紙箇所を選択  <OK>を押す
10
<チャートプリント>または<チャートプリント/スキャン>を押す
手順2で<スキャナーを使用する>を選択したときは、<プリント開始>を押します。
チャートが出力されます。

二次転写電圧を調整する

出力したチャートを使用して二次転写電圧を調整します。「チャートを設定/出力する」の手順2で選択した二次転写電圧の調整方法によって手順が異なります。

<スキャナーを使用しない>を選択した場合

チャートの中から最適なパッチを目視で判断し、二次転写電圧を手動で調整します。
1
出力したチャートから最適なパッチを確認する
現在の設定値はチャートの数字がマゼンタで印字されます。
マイナスの数字からプラスの数字へと昇順に確認していき、パッチ内の濃度が均一と思える箇所(サンプルでは-8)と、その数字から2つプラスのパッチ(サンプルでは、-7と-6)を比較し、最適と思える数字を選択します。
チャートの数字付近にアスタリスク(*)が1つ印字してある面がオモテになります。
選択した数字の中で差異がみられない場合は、3つの中から真ん中(サンプルでは-7)を選択してください。
2
<二次転写電圧の調整>画面で、チャートで確認した数値を入力する
<オモテ面>または<ウラ面>を選択し、<->、<+>で数値を入力します。
 
以下のいずれかの場合は<ウラ面>の値を調整してください。
ユーザー設定用紙の<両面2面目>を<ON>に設定している場合
手差しトレイに用紙をセットし、<用紙種類>から<両面2面目>を設定している場合
3
<OK>を押す

<スキャナーを使用する>を選択した場合

チャートをスキャナーで読み取り、最適なパッチを自動的に判断して調整します。
1
原稿台ガラスにチャートをセットする
画面の指示に従ってチャートをセットしてください。
2
フィーダーを閉じて<読込開始>を押す
チャートが読み込まれます。
チャートを両面で出力していた場合は、反対の面を原稿台ガラスにセットしなおし、再度<読込開始>を押してください。
色紙、OHPフィルム、パンチ済み紙、ラベル用紙などの特殊な用紙の場合は、読み取りできないことがあります。そのときは、<スキャナーを使用しない>を選択して手動で調整してください。
3
フィーダーを開けてチャートを取り除く
4
<OK>を押す
83S8-011