ネットワークに関する変更

無線LAN通信でのWPA3のセキュリティー規格に対応

本機の無線LANがWPA3-SAE(AES-CCMP)とWPA3-EAP(AES-CCMP)のセキュリティー規格に対応するようになりました。
セキュリティー設定について
無線LANルーターを選んで設定すると、WPA3-SAEの暗号化方式は<自動>(AES-CCMPまたはTKIP)に設定されます。WPA3-SAEの暗号化方式に<AES-CCMP>を指定したい場合は、<詳細入力>で設定してください。無線LAN接続の設定をすべて入力して設定するとき
無線LANルーターのセキュリティー規格がWPA3-EAPの場合は、暗号化方式はAES-CCMPになります。また、無線LANで接続する前に本機のIEEE 802.1X認証を設定しておいてください。
WPA3対応の無線LANルーターを選んで設定するとき
接続可能な無線LANルーターを本機のディスプレーから選びます。無線LANルーターのセキュリティー規格がWPA3-SAEの場合、ネットワークキーには暗号化キーを入力して設定します。SSIDやネットワークキー、セキュリティー規格や認証/暗号化方式などの情報は、あらかじめ確認のうえ、メモしておいてください。
無線LAN接続の設定をすべて入力して設定するとき
認証や暗号化などのセキュリティーの設定などを詳しく設定したい場合や、他の方法で接続できない場合は、無線LAN接続の設定をすべて入力して設定します。SSIDやネットワークキー、セキュリティー規格や認証/暗号化方式などの情報は、あらかじめ確認のうえ、メモしておいてください。
85J9-004