IPv6アドレスを設定する

IPv6アドレスには次のような種類があります。必要に応じて登録してください。なお、ステートレスアドレスは4つまで登録可能です。また、必要に応じて接続テストを行ってください。
種類
解説
リンクローカルアドレス
同一リンク内でのみ使用できるアドレスで、何も設定しなくても自動的に生成されます。ルーターを越える範囲の通信には使用できません。
ステートレスアドレス
DHCPサーバーがない環境でも、ルーターが通知するプレフィクスと、本機のMACアドレスをベースにしてアドレスを自動的に生成します。
手動アドレス
手動で入力するアドレスです。プレフィックス長およびデフォルトルーターアドレスを指定します。
ステートフルアドレス
アドレスはDHCPサーバーから取得します。
 

IPv6アドレスの設定

1
(設定/登録)を押す
2
<環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>を押す
3
<IPv6を使用>  <ON>  <OK>を押し、IPv6設定を有効にする
4
IPアドレスを設定する
お使いの環境や目的に応じて、必要なIPv6アドレスを設定します。
ステートレスアドレスを設定する
1
<ステートレスアドレス設定>を押す
2
<ON>  <OK>を押す
手動アドレスを設定する
1
<手動アドレス設定>を押す
2
<手動アドレスを使用>で<ON>を押し、必要な設定をする
<手動アドレスを使用>
<ON>を押します。
<手動アドレス>
<手動アドレス>ボタンを押して、アドレスを入力します。次のアドレスは入力できません。
「ff」で始まるアドレス(マルチキャストアドレス)
すべて「0」で構成されるアドレス
IPv4互換アドレス(上位96ビットが「0」で下位32ビットにIPv4アドレスが入っているIPv6アドレス)
IPv4射影アドレス(上位96ビットが「0:0:0:0:ffff:」で下位32ビットにIPv4アドレスが入っているIPv6アドレス)
<プレフィックス長>
ネットワークアドレス部の長さを変更できます。
<デフォルトルーターアドレス>
<デフォルトルーターアドレス>を押して、アドレスを入力します。次のアドレスは入力できません。
「ff」で始まるアドレス(マルチキャストアドレス)
すべて「0」で構成されるアドレス
アドレスを指定しない場合は、空欄のままにしてください。
ステートフルアドレスを設定する
1
<DHCPv6を使用>を押す
2
<ON>  <OK>を押す
DHCPv6を使用して、DHCPサーバーからステートフルアドレスの前半部分のみを取得する場合は、<ステートフルアドレスのプレフィックスのみ取得>を<ON>にします。<ステートフルアドレスのプレフィックスのみ取得>
5
(設定/登録) <はい>を押す

IPv6アドレスの接続テストをする

正しく接続できているときは、パソコンからリモートUIのログイン画面を表示することができます(リモートUIを起動する)。パソコンが使えないときは、以下の手順で正しく接続できているかどうか確認してください。
(設定/登録) <環境設定>  <ネットワーク>  <TCP/IP設定>  <IPv6設定>  <PINGコマンド>  使用中の他の機器のIPアドレスまたはホスト名を入力  <実行>
正しく接続されているときは<ホストから応答がありました。>というメッセージが表示されます。
IPアドレスが正しく設定されていても、本機をスイッチングハブなどに接続しているとネットワークに接続されないことがあります。この場合は、本機の通信開始のタイミングを遅らせて接続しなおしてください。ネットワーク接続時の待機時間を設定する
6H97-00R