ファクスのトラブル

ファクスが送信・転送できない

すべてのファクス送信ができない場合

本機から宛先のファクスに電話をかけて、電話回線が誤った場所に接続されていないか確認してください。
電話回線の「ツー音(発信音)」が聞こえないときは
モジュラーケーブル(ファクス用の電話線)の抜け、または差し込み位置を間違えています。モジュラーケーブルを確認し、正しい位置に差し込んでください。
各部の名称とはたらき
音声ガイダンスが流れてくる場合、または宛先のファクスに繋がらない(「ピーヒャラ音」が聞こえない)ときは
宛先または回線事業者で何らかの問題が起きている可能性があります。宛先に連絡してください。

転送できない場合

転送先のアドレス帳やワンタッチボタンの登録内容を確認し、誤っていたら変更してください。
アドレス帳に登録した宛先を編集する
ワンタッチボタンに登録した宛先を編集する

光回線やIP電話回線をお使いの場合

回線品質によって通信エラーが起きることがあります。詳しくは、回線事業者へお問い合わせください。(設定/登録) <送信スタートスピード>で送信スピードを遅くすると、通信エラーを低減できる場合があります。また、アドレス帳やワンタッチボタンの詳細設定からも、宛先ごとに送信スピードを設定することができます。
<送信スタートスピード>
アドレス帳に宛先を登録する
<VoIP通信エラーの低減設定>で通信スピードを制限し、エラーを低減させることもできます。
<VoIP通信エラーの低減設定>

ファクスが受信できない

メモリーの空き容量は十分ですか?

メモリー内の不要な文書を削除してください。
受信した文書をいったん本機に保存する(メモリー受信)

「#」で始まる番号を確認して対処方法を調べてください

ファクスの送受信に失敗すると、タッチパネルディスプレーや通信管理レポートに「#」で始まる番号(エラーコード)が表示されます。エラーコードに応じて、必要な対処方法を調べることができます。
エラーコードごとの対処方法
6H97-0S2