ビジュアルメッセージ機能に新規機能を追加

ビジュアルメッセージ機能に以下の機能を追加しました。

エラー発生時に画面を表示させないように設定する

何らかの原因でコンテンツが表示されない場合、これまではエラーメッセージ画面が表示されるようになっておりましたが、エラーメッセージ画面を表示させないように設定できるようになりました。
1
リモートUIを起動する
2
ポータルページで[設定/登録]をクリックする
3
[ライセンス/その他] [ビジュアルメッセージ][表示設定]をクリックする
4
[エラー発生時の画面表示]で[エラーメッセージおよびコンテンツを表示しない]を選ぶ
5
[OK]をクリックする

プロキシーサーバーを経由しない例外アドレスを設定する

ビジュアルメッセージ機能でのプロキシー設定は、<プロキシー設定>での設定内容に従います。プロキシーが設定されている場合、指定したコンテンツが表示されないことがあります。そのようなときに、プロキシーサーバーを経由しない例外アドレスを設定できるようになりました。
1
リモートUIを起動する
2
ポータルページで[設定/登録]をクリックする
3
[ライセンス/その他] [ビジュアルメッセージ][プロキシー設定]をクリックする
4
[プロキシーを使用しないアドレス]に、プロキシーサーバーを経由しないアドレスを入力する
「,」で区切ることで複数のアドレスを指定することができます。
最大255文字まで指定することができます(ASCIIコードのみ)。
5
[OK]をクリックする
83S8-005