印字機能グループ

印字機能グループでは、イメージデータの補正や登録文字、ページオーバーレイなどに関する設定を行うことができます。
太字で示されている設定値は、工場出荷時の値です。

イメージの補正


する、しない

イメージデータを印字するとき、PC-PR201/80Aとキヤノン複合機/プリンターとの解像度の違いから、イメージデータを拡大します。このとき、イメージの拡大にともなってイメージを補正するかどうかを設定します。
[する]
イメージデータを拡大するとき、イメージがきれいに見えるように補正処理を行います。
[しない]
イメージデータを単純に拡大し、イメージの補正は行いません。
縦方向と横方向の倍率の異なるページフォーマット(Fmode 6)では、印字したイメージが横長または縦長に見えることがあります。

外字サイズ


10.8ポイント、10ポイント

PC-PR201/80Aの制御命令によって登録する文字は、PC-PR201/80Aとキャノン複合機/プリンターとの解像度の違いから文字パターンを拡大して印字します。
このときの文字の展開方法によって文字のサイズが変化します。ここでは、登録文字の文字サイズを設定します。
[10.8ポイント]
登録文字をドット列イメージと同じ展開方法で拡大し、印字します。この方法で登録した文字の大きさは、10.8ポイントになります。
[10ポイント]
登録文字を文字パターンと同じ10ポイントの大きさに単純に拡大して登録します。
PC-PR201/80Aの制御命令で16×16ドット構成や24×24ドット構成の2バイトコード文字(漢字)を登録する場合、本設定の展開方法に従って文字パターンが拡大され、8ポイント(24ドット構成)、10ポイント(32ドット構成)、12ポイント(40ドット構成)の本エミュレーションモードが持つすべてのサイズに対応した文字フォントが登録されます。1バイトコード文字(ANK文字)も同様の方法で拡大され、登録が行われます。
本設定によって登録文字のサイズを設定しても、実際に文字サイズが変わるのは以下の場合に限られます。なお、文字の大きさが変わらない場合でも、登録文字の展開方法は設定どおりに行われています。
Fmode 1、2、3、6のページフォーマットが選ばれ、メニューの漢字サイズが「システム」に設定されている場合
メニューの漢字サイズが「10ポイント」に設定されている場合

グラフィック


ネイティブ、コピー

グラフィックを印字するときの基本となるドット列ピッチ(ドットとドットの間隔)を設定します。
[ネイティブ](ネイティブモード)
グラフィックの横方向の標準のドット列ピッチを1/160インチ(160 dpi)に設定します。
[コピー](コピーモード)
ホストコンピューターの画面コピーを正しい比率で印字できる1/80インチのドット列ピッチで8ビット・ドット列イメージを印字します。コピーモードでは、同じドットが縦方向に2ドット連続して印字されます。
コピーモード時に、PC-PR201/80Aで次の改行ピッチが設定されている場合は、改行ピッチが自動的に変換されます。
4/120インチ改行のとき→4/160インチ改行
8/120インチ改行のとき→8/160インチ改行
16/120インチ改行のとき→16/160インチ改行
本エミュレーションモードでは、ネイティブモード、コピーモードともに8ビット・ドット列のドットの合間を埋めて印字します。なお、文字データは、この設定に関わらず、つねにネイティブモードで印字されます。
16ビット以上のドット列イメージを印字する場合は、必ずネイティブモードに設定して印字してください。

システムオーバーレイ


システムオーバーレイ設定
する、しない
オーバーレイ番号*
1~5
*オーバーレイ番号は[システムオーバーレイ設定]を[する]に設定した場合にのみ設定できます。

オーバーレイ印字は、印刷する各ページに共通なデザイン書式などをフォームとしてあらかじめオーバーレイ領域に登録し、印字データと重ねて印刷する機能です。ページオーバーレイ機能
オーバーレイ印字を行うと、各ページに共通の印字データをページごとに送る必要がなくなり効率よく印刷できます。
キヤノン複合機/プリンターには、5種類の定型フォームがあらかじめ登録されています。ここでは、キヤノン複合機/プリンターが保有しているオーバーレイフォームを使用して、オーバーレイ印字を行うかどうかを設定します。内蔵フォームの印字サンプル
[しない]
システム保有のフォームによるページオーバーレイ印字を行いません。
[1]~[5]
[システムオーバーレイ設定]を[する]に設定した場合、指定したシステム保有ページの定型フォームをオーバーレイ印字します。
設定値
フォームの内容
1
1/3インチ間隔で横罫線を引いた6lpi用のフォーム。(線種は破線で、1インチごとに実線)
2
1/3インチ幅の網かけを1行おきに入れ、ページ全体を枠取りした6lpi用のフォーム。
3
ページ全体を枠取りしたフォーム。
4
ページ1のフォームを1/4インチ間隔に変形させた8lpi用のフォーム。
5
ページ2のフォームを1/4インチ間隔に変形させた8lpi用のフォーム。
*
線の太さは、300dpiで1ドット、600dpiで2ドットになります。
システム保有ページのオーバーレイ印字の開始時または終了時には、パラメータリセット処理が行われます。

スタートアップマクロ


0~255

マクロ機能は、あらかじめ作成したN201エミュレーションモードの印字制御のプログラムをキヤノン複合機/プリンターのメモリーに登録し、制御命令などで実行できるようにする機能です。キヤノン複合機/プリンターには、0~255番までの最大256種類のマクロを登録することができます。マクロ機能
マクロの登録は、制御命令によって行います。登録されているマクロの中で、特定のマクロを選び、リセット処理が行われた後で自動的に実行させることができます。このマクロをスタートアップマクロといいます。
ここでは、PC-PR201/80Aの制御命令プリンターのリセット処理([ESC] c 1)を受信した場合に、自動的に実行するマクロの番号を指定します。
リセット処理の制御命令を受信すると、制御命令で設定されたすべての印字パラメータおよび操作パネルで設定されたメニュー項目の一部が初期化された後、スタートアップマクロに指定したマクロが自動的に実行されます。初期状態
スタートアップマクロは、制御命令によってリセット処理が行われた場合のみ実行されます。また、その他グループのメニューの登録レベルが[一時]に設定されているとき、リセット処理の種類によっては登録したマクロ本体が消去され、スタートアップマクロ機能が動作しない場合があります。

ユーザーオーバーレイ1


する、しない

ユーザー独自のフォームの登録されたユーザーページ1のオーバーレイ印字の開始と終了を設定します。
[する]
ユーザーページ1のフォームのオーバーレイ印字を開始します。
[しない]
ユーザーページ1のオーバーレイ印字を終了します。
ユーザーページへのフォームの登録は、フォーム作成ツール「FormCraft」などのアプリケーションソフトウェアをご利用ください。
ユーザーページ1にフォームが登録されていない場合は、オーバーレイ印字をオンにしてもオーバーレイは行われません。

ユーザーオーバーレイ2


する、しない

ユーザー独自のフォームが登録されたユーザーページ2のオーバーレイ印字の開始と終了を設定します。
[する]
ユーザーページ2のフォームのオーバーレイ印字を開始します。
[しない]
ユーザーページ2のオーバーレイ印字を終了します。
ユーザーページ1とユーザーページ2のフォームを重ねてオーバーレイ印字することもできます。それぞれのユーザーページにフォームデータを登録し、両方のオーバーレイ印字の設定をオンにしてください。
ユーザーページ2にフォームが登録されていない場合は、オーバーレイ印字の設定をオンにしてもオーバーレイは行われません。
842H-0UY